【社会人インターン・副業・プロボノ】自分にマッチした会社や仕事、どうすれば見つかる?

こんにちは、「30sta!」編集長の杉山です。

本サイトをきっかけに、社会人インターンプログラムや副業・プロボノプログラムに興味を持ち、「本気でチャレンジしよう!」と考えている人もいることでしょう。

しかし、探し始めると、「どれも面白そうなんだけど、自分のスキルとマッチする会社(仕事)がない……」ということに気づくかもしれません。

実は私自身がそれを感じた一人です。

このサイトでご紹介しているプログラムを何かやってみようと思い、1~2年前から探し続けているのですが、なかなか自分のスキルに合う仕事が見つかりませんでした。社会人インターンやプロボノ、副業プログラムは、生まれてから日が浅いので、まだ受け入れ先の企業が少ないのです。

あきらめるのはまだ早い!

しかし、そこで「自分にはチャンスがないかも……」とあきらめてしまうのは、もったいないことです。

私は、記事に最新情報を入れるために、すでに記事化しているプログラムをこまめにチェックしているのですが、どのプログラムも、新しい受け入れ先・仕事が次々と出てきています

私も、ようやく最近、自分の経験が活かせそうな受け入れ先を見つけられました(ちなみに、先日、面接をオンラインで受けてきました)。あきらめずに情報をチェックしていれば、そのうち見つかるというわけです。

複数のプログラムに登録。新着企業をメールで教えてくれることも

上の体験を踏まえると、自分にマッチした会社・仕事を見つけるためには、複数の企業・団体のプログラムについて、新しい情報が更新されていないか、ちょくちょくチェックすることをおすすめします。

以下の記事にある「JOINS」や「タイガーモブ」、「おてつたび」などは、登録しておくと、新着プロジェクトが出るたびにメールで教えてくれます。とりあえず登録だけでもしておくと、良い出会いを逃しにくくなるでしょう。

杉山 直隆「30sta!」編集長、ライター

投稿者の過去記事

1975年、東京都生まれ。専修大学法学部在学中に、経済系編集プロダクション・カデナクリエイトでバイトを始め、そのまま1997年に就職。雑誌や書籍、Web、PR誌、社内報などの編集・執筆を、20年ほど手がけた後、2016年5月に、フリーのライター・編集者として独立。2019年2月に(株)オフィス解体新書を設立。プライベートでは二児の父(8歳&5歳)。休日は河川敷(草野球)か体育館(空手)にいます

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。