「30sta!」とは?

30sta_ogp

はじめまして、「30sta!(サティスタ!)」編集長の杉山直隆(すぎなお)です。

「30sta!」は、「社外で新しい経験を積みたい!」と考える30~40代の人のためのWebメディアです。

一口に新しい経験といってもいろいろありますが、
「30sta!」がおすすめしているのは、
会社に所属しながら、これまでの常識が通用しない環境に飛び込み、期間限定で働いたり、お手伝いしたりすること。

具体的には、地方副業やプロボノ、社会人インターンシップ、課題解決プロジェクトなど。

近年、「越境学習」と呼ばれているジャンルです。

固定観念が吹き飛び、新しい世界が拓ける

なぜ、いわゆる「越境学習」と呼ばれるものをおすすめするのか。

一言でいえば、「固定観念が吹き飛び、新しい世界が拓けるから」です。

30~40代になると、新しい環境にチャレンジすることに腰が重くなり、「今さら新しいことを始めるのは無理ではないか」と自信がなくなってきます。

しかし、短期間でも新しい環境に飛び込んでみると、
「あれ? まだまだ私もいけるんじゃないか」ということに気づくものです。

そうした経験を一度でもすれば、チャレンジすることに躊躇がなくなります。さらに、今の自分に足りないスキルや知識に気づくことができ、効果的な勉強ができるようになるというわけです。

原点は、友人の悩みに応えられなかった悔い

そもそも、私が越境学習に着目し、「30sta!」を立ち上げた原点は、

30代の頃に、友人から受けたある相談でした。

それは、「環境関係の仕事に興味があるんだけど、今からじゃ難しいだろうか……」。

中学時代からの友人は、それまで「仕事なんてどうでもいい」というようなキャラクターを貫いており、キャリアについて相談を受けたことなどありませんでした。

しかし、30歳を過ぎてから「このままでいいのか」と悩み始め、「どうせならやり甲斐のある仕事をやってみたい」と考えるようになったようです。

ただ、当時の私は、転職以外に、異業種にチャレンジする方法を知らず、上手く答えることができませんでした。

結局、彼は、今の仕事に満足できなかったものの、挑戦することもなく、友人たちの前から姿をくらませてしまいました。彼自身の問題と言ってしまえばそれまでなのですが、彼のような人が挑戦できる方法はないのか、自分が知らないだけではないか、とずっと考えていました。

そんな時に見つけたのが、社会人向けのインターンシップでした。

このように、気軽に異業種の仕事を試せる手段がもっと広まれば、友人のような悩みを抱える人にチャンスが生まれるのではないか。そう考えたわけです。

「30sta!」。30代でも40代でもスタートできる

もちろん、地方副業やプロボノ、社会人インターンシップなどは、参加したからといって、誰でも実りが得られるとは限りません。活かすも殺すも、その人の取り組み次第です。

しかし、意欲のある人にとっては、少なからず何かを得られるでしょう。

「30sta!」は、主に以下の3つのコンテンツをお届けしています。

●基本を知る
社外で新しい体験を積むためにはどんな選択肢があるか。越境学習とは何か? その基本的な考え方をお伝えします。

●働く・参加する
地方副業やプロボノ、社会人インターンシップ、課題解決プロジェクトなどに取り組んでいる企業やNPO、自治体などの取り組みをご紹介します。

●先輩に聞く
30代以上で始めたチャレンジによって人生を切り開いた先輩の体験談をお伝えします。

「30sta!」の語源は「30代でも40代でもスタートできる」
本サイトとの出会いをきっかけに、人生の小さなスタートを切る30~40代の人が増えれば、これ以上の喜びはありません。