【漁師のリアルを体感できる貴重な6日間】「八丈島漁業就業体験」、2020年8月24~29日に開催

こんにちは。「30sta!」ライターの竹中です。

「漁師として働きたい!」「離島で暮らしたい!」 と思っているけれど、本当に夢に向かって踏み出していいものか? 果たして生活していけるのか?

そんな不安を抱いているのなら、5泊6日の『八丈島漁業就業体験』を活用して、自分の適性を見極めてみると良いかもしれません(https://www.tokyoislands-net.jp/corporationnews/7180)。

これは、東京の離島である八丈島で、「離島の漁師の仕事・暮らし」を体験できるイベント。「離島の漁師になった自分」をイメージできるプログラムが組まれています。

開催しているのは、東京都島しょ振興公社。

2020年8月24日(月)~29日(土)に開催されます。

漁船の上で、手加減なしの漁業体験

八丈島に6日間滞在し、そのうち4日間は漁業を体験します。

体験できる仕事内容は、船上での作業の手伝い、魚の水揚げ、魚の選別作業、船の清掃作業、餌の仕込み、漁具のメンテナンスなど。漁の種類は、棒受け網漁や底魚一本釣り漁などがあり、日帰り漁・泊まり漁のどちらにも出立する可能性があります。

真剣に漁業に就業したいと考えている方に向けて「離島の漁師の仕事」を体験できる、手厚いプログラムになっています。

漁業体験で使われた「明幸丸」
仕事体験では、大漁にも立ち会えるかも

島で生活し、人々と交流することで、移住後の生活をイメージできる

八丈島の漁師として仕事が決まれば、島で生活することになります。島の生活とはどのようなものか、気になるところです。

そんな声に応えて、期間中は「離島の漁師の暮らし」もおためしできます。

滞在初日には、島の生活インフラについて説明があり、参加者の暮らしをサポートします。

また、最終日前夜には、移住後にかかわっていく漁師と交流を深められる、懇談会が予定されています。

八丈島は自然も豊富。八丈富士やきれいな海が、目の前に広がる

仕事体験も貴重ですが、「離島の漁師の暮らし」体験から得られた情報は、移住決定の際の重要な判断材料になるでしょう。

過去の参加者からは
「生活を通して漁師や町役場の人と楽しく交流ができた」
「懇談会ではお酒を飲みながら聞きにくい話も聞けた」
「島の人の温かさを感じた」
などの感想が届いています。

「参加者には、八丈島の仕事や生活を直に体験してもらったり、島の人々と交流する機会を持ってもらったりと、移住に対する不安を取り除いてもらえるよう支援しています」(東京都島しょ振興公社 藤井琢磨さん)

宿泊費が無料! 40歳ぐらいまで参加OK

参加費は1万5000円。現地での宿泊費、島までの飛行機代、島内での移動費、保険料は主催者負担です。

参加条件は40歳ぐらいまでで、八丈島で真剣に漁業に従事したいと考えている人。書類選考、面接をした上で、実際に体験できるかどうかが決まります。

応募〆切は8月3日(月)17:00必着で、定員は3名程度。

興味のある人は、早めに以下のホームページ(https://www.tokyoislands-net.jp/corporationnews/7180)からお申し込みを!

【八丈島漁業就業体験のポイント】

  • 2020年8月24日(月)〜29日(土)に開催
  • 5泊6日で、八丈島の漁業を体験できる(天候・作業量によりプログラムが変更する場合もある)
  • 参加費1万5000円。宿泊費は無料(※自宅から集合場所である羽田空港までの交通費、期間中の昼食費は参加者負担)
  • 40歳ぐらいまで(18歳未満は不可)で、八丈島で真剣に漁業に就業したいという人なら参加できる。
  • 書類選考・面接を通過した希望者が参加できる。

【応募締め切り】

8月3日(月)17:00必着

【問い合わせ・申込み先】

公益財団法人 東京都島しょ振興公社
東京都港区海岸1-4-15 島嶼会館2階 担当:藤井、荒井
電話:03-5472-6546 
E-MAIL:kousya-g@tokyoislands-net.jp

竹中唯

竹中唯ライター

投稿者の過去記事

長野県生まれ。信州大学人文学部卒業。7年の会社員を経て、2019年より個人事業主としてライター活動開始。これまでインタビュー記事(働き方、病院運営、住宅、採用ページなど)やレビュー記事を執筆。
2012年〜公的保険機関にて病院経営に関する保険料算定審査、2016年〜部品製造工場にてリスクマネジメント、業務改善などに従事。30歳で副業ライターを始めて今に至る。山に囲まれる人生、海を見るとはしゃぐ。
ポートフォリオサイトは、https://taonagano.amebaownd.com/

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。