【自分が進みたい先で活躍する先輩に、オンライン相談】仕事旅行社の新サービス「仕事のつくり方相談β」で、新たなチャレンジの不安を吹き飛ばす

こんにちは、「30sta!」ライターの井上かほるです。

「自分がほんとうにやりたいことはなんだろう?」
「働き方、このままでいいのだろうか?」
家にいる時間が増え、やりたい仕事や自分にとっての理想の働き方を考える時間も増えている方も多いはず。

やりたい仕事は見つかった
自分が叶えたい働き方が見えてきた
独立しようと決意した

--でも、どうやって? なにから始めればいいの?

そんな不安を受け止め、実践的なアドバイスをしてもらえるサービス。それが、仕事旅行社が2020年4月に、新たにはじめた、「仕事のつくり方相談β」です。

「仕事旅行」を提供してきたプロの経験や哲学を、オンラインでも伝えたい

仕事旅行社は、プロフェッショナルな仕事を手軽に1日体験できる「仕事旅行」、今の会社に在籍しながら別の会社で試しに働くことができる「おためし転職」など、経験学習を通じて「仕事の軸」を明確にし、「仕事の幅」を広げる学びのサービスを提供している会社です。

※「仕事旅行」「おためし転職」について知りたい方は、以下をどうぞ(姉妹サイト「30歳からのインターンシップ」の記事です)。
http://30intern.com/archives/1672
http://30intern.com/archives/1665

なぜ「仕事のつくり方相談β」を始めたのでしょうか。田中翼社長に聞いてみました。

「今回、こういった状況になり、従来のサービスをそのまま行うことは難しくなりましたが、実際にアクションをおこそうとしている人のために何かをしたかった。これまで仕事旅行などで体験を一緒に提供してきたプロたちの、豊富な経験や仕事に対する哲学は普遍の価値があります。それらをなんらかの形で提供できないかと考え、オンライン相談という形で実現することにしました

相談員=一緒に悩み、答えを出してくれる心強い先輩

「仕事のつくり方相談β」の特徴は、
自分の悩みを、経験豊富な先輩に、1対1でオンライン相談できること。

・目指す仕事のリアルが知りたい
・仕事のつくり方がわからない
・経験者の視点でアドバイスがほしい
こういった悩みに、相談員たちが答えてくれます。

現在、相談員は9人。それぞれの分野のプロで、その多くが、会社員経験を持っています。
「会社をやめて、自ら仕事をつくった経験があるので、これから新しい仕事にチャレンジしようとしている人の気持ちを理解したアドバイスが期待できます。豊富な経験を持ち、自分らしく働きたい人を応援してくれる。自分が進みたい先にいる、心強い先輩に相談ができるのです」(田中社長。以下同)

ローカルマルチワーカー、生き方編集者、海外情報メディアプランナー、パーソナルコーチ&システムコーチ……。今まで出会えなかった先輩に、出会うことができる

相談員は、どのような人がいるのでしょうか?
すこしだけご紹介しましょう。

たとえば、

◎ローカルマルチワーカー 三星千絵さん

・大学卒業後、人材系営業、PR代理店を経て2011年、「自分らしく暮らし、働きたい」と思い、千葉県いすみ市へ移住
・「今あるモノで、まだないコトを。」テーマに、シェアハウスの管理人、民間図書館館長、ライター、編集者、イベンター、事務局運営など、幅広く活躍中。キャリアや地方での働き方、暮らし方など、幅広く相談にのってくれる
(料金:8,000円/1時間)

◎生き方編集者 山中康司さん

・編集とキャリアコンサルティングというスキルをかけあわせて「生き方編集者」という、世界にひとりだけの肩書きも。関わっている主なプロジェクトは、「グリーンズ求人」「ほめるBar」「Proff Magazine」など。国家資格キャリアコンサルタント保有
・対話を通して掘り下げることで、キャリアづくりに関することや、それ以外でも相談にのってくれる
(料金:7,500円/1時間)

◎海外情報メディアプランナー  ネルソン 水嶋さん

・都内のIT企業に勤務後、転職を機に2011年からベトナム移住。ベトナム情報ブログ「べとまる」が「デイリーポータルZ新人賞」など賞を獲得。最近は、海外経験者のキャリアを追究するメディア「SalmonS(サーモンズ)」に注力
・自身が自己表現に苦しみ、クリエイター(物書きと企画屋)になった経験から、どうすれば進展するかを一緒に考え、当日の会話をまとめた「記事風メモ」をプレゼントしてくれる
(料金:7,000円/1時間)

◎パーソナルコーチ&システムコーチ 土屋 志帆さん

・人材系営業、キャリアコンサルタント、人事などを経て、2013年プロコーチ資格取得(CPCC)。会社員をしながらのパラレルワークを2年した後、独立
・「失敗が死ぬほどあります笑」と語るほど、多くのチャレンジをしてきた。やり方を柔軟に変えながらチャレンジするベイビーステップを、自身の経験から伝え、応援してくれる
(料金:10,000円/1時間)

わたしも、会社をやめる前やライターになる前、相談相手を見つけられず、ひとりで悩んでいました。今からでも相談したいくらいです(笑)。

初めてのオンライン相談でも安心な仕組みも整う

「オンライン相談は初めてなんだけど、時間内にうまく相談できるだろうか……」。そう不安に思う人のために、オンラインでも相談しやすい仕組みも整っています。

相談員と日時を決めたら、電話、Zoom、Skype、メールなど、好きなツールで、相談スタート。ただ、いきなりオンラインで話すのではなく、「簡単なプロフィール」「相談の目的」「相談のゴール」を、前もって相談員に提出します。
だから、相談員も、事前に相談者のことを把握した上で相談に乗ってくれますし、相談する側も自分の悩みや聞きたいことを整理した上で、当日に臨めます。

ドイツ在住のシェフや地域プロデューサー、林業のプロ……。新たな相談員が続々参加予定

4月22日にスタートした、「仕事のつくり方相談β」。
翌23日にお話をうかがったところ、すでに申し込みが入っている状況とのことでした。
現在の相談員は9名ですが、新たな相談員との調整も進行中です。地域の仕事をつくっているプロデューサーや林業を営む方、ドイツでシェフをされている方など、オンラインというメリットを生かし、国内海外問わず、どんどん増やしていく予定だそうです。

「私たちが目指すのは、それぞれがそれぞれの個性を生かして、自分らしく働くことのできる社会です。自分はどう生きたいのかを考える方が多い今、より自分らしい働き方や生き方へのシフトができるようにサポートをしていきたい」と田中さん。

実現したいことや働き方があるのなら、その経験がある人に相談するのが1番です。
次のアクションを起こすために、まずは同社のホームページをのぞいてみてはいかがでしょうか。

『働くコンパスを手に入れる』は、仕事旅行社の田中翼社長が今年1月に上梓した、ご自身初めての著書。仕事旅行のホスト11人の生き様に触れる『誌上仕事旅行』を通じて、自分の働き方について考えられるガイドブックです。アフターコロナの時代、幸せな働き方とは何か? そのヒントを本書で探してみては?

https://www.amazon.co.jp/dp/4794969929/

【仕事のつくり方相談β ポイント】
・やりたいことを行動にうつすための相談ができる
・相談員は、元会社員で自ら仕事をつくってきたプロ
・時間数は60分~、料金は5,000円~(相談員により異なる)
・地方、海外など、場所にしばられることなく相談ができる
・相談前の準備内容が整っているから、当日はあわてず相談ができる
・相談員は今後、追加予定

【問い合わせ先】
(株)仕事旅行社
https://www.shigoto-ryokou.com/

井上かほるライター

投稿者の過去記事

北海道生まれ。北海学園大学人文学部日本文化学科卒業。
求人広告の営業職、専門学校の広報職を経て2019年よりライターとして活動スタート。
おでかけ情報誌、人材関連企業メディア、マンガレビューサイトなどに執筆、専門学校のタグライン制作や求人広告文制作など。
趣味はBリーグ観戦、落語鑑賞、映画鑑賞など観ること多め。休みの日は、妹と暮らすうさぎさんを愛でています。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。