【コロナが終息したら再開します!】未経験からグルメライターになるには?「30歳からのB級グルメライター」セミナー

こんにちは、「30sta!」編集長の杉山です。

弊社・オフィス解体新書では、2019年から「30歳からの○○ライター」セミナーを開催しています。

毎回、さまざまな専門分野を持ったライターさんにお越しいただき、仕事術や始め方を根掘り葉掘り聞いていくという企画です。

たとえば、2020年新春第1弾として、「30歳からのB級グルメライター」を、1/22(水)19:30より、東京・本郷3丁目の「発酵するカフェ 麹中」(http://kusukichi.jp/koujichu/)で開催しました。

今回も多数の方にご参加いただきました。ちなみに写真は、旅と食ジャンルが得意なライターの立岡美佐子さんに撮影していただきました。

立ち食いそばライターとカレーライター。その仕事のリアルと「目指すには?」を語る

ゲストスピーカーに、立ち食いそばライターの本橋隆司さん(http://soba-guide.com/)とカレーライターの田嶋章博さん(https://akihirotajima.tumblr.com/をお迎えし、

  • 立ち食いそばライター、カレーライターは、具体的にどのような仕事をしているんですか?
  • 立ち食いそばライター、カレーライターの醍醐味とは?
  • 立ち食いそば店は首都圏に集中しているのに、なぜ立ち食いそば本は地方でも売れたのか?
  • 富士そばのメニューを開発したそうですが、どういうことですか?
  • 月刊EXILEのカレーコーナーに携わっているということは、3代目のあのメンバーに会っているってこと!?
  • 普段、どれぐらい食べ歩いているの? 
  • ぶっちゃけ、グルメ分野だけで食えるんですか? 
  • グルメライターってたくさんいますけど、仕事を得られるようになるコツとは?
  • 30歳過ぎても、グルメライターデビューできるんでしょうか? 
  • グルメライターとしてデビューするには何をすればいいですか? 逆に、やってはいけないこととはありますか?

などなど、1時間半、みっちりと語っていただきました。

立ち食いそばライターの本橋隆司さん。『立ち食いそば図鑑』が地方でも売れた理由や富士そばメニュー開発の舞台裏、メディアの裏側の話まで、出し惜しみなく話してくださいました。時間があれば、もっとしゃべってくれそうでした。
「カレーは包容力がある」とあふれ出る愛情を語るカレーライターの田嶋章博さん。全国のカレーを食べたいので、出張大歓迎だそうです。
司会進行は杉山。見た目(腹回り)はゲストスピーカーさんよりもB級グルメライターな感じですが、グルメの仕事は一つもしておりません…。

30歳を過ぎても、業界未経験でも、B級グルメライターになれるのか?

本橋さんも田嶋さんも、出版・メディア業界の仕事歴は長いですが、B級グルメライターとしてのスタートは、2010年代になってから。
その経験を元に、「30歳を過ぎても、業界未経験でも、B級グルメライターになれるのか?」というテーマについても、戦略の立て方を細かく話していただきました。

グルメのみならず、「専門分野をつくる」ための実践的な考え方が聞けて、僕自身も、今後、ビジネスライターとしてやっていく上で、非常に参考になりました。

このセミナーシリーズは、ライター志望の方、駆け出しのライターさんを対象にしていますが、実際は別業界のベテランライターさんも参加されています
確かに、別業界のライターさんの話を聞くと、やり方や考え方も異なり、新しいことに気づかされることがよくあります。「そうした発見をして、自分のスキルをブラッシュアップしよう」とご参加されているようです。

セミナー会場で、懇親会もおこないました。

セミナー開催後は、同じ会場で、自由参加の懇親会をおこないました。

「発酵するカフェ 麹中」は、昨年から、夜の部に「nomina」というダイニングバーとして営業するようになり、このセミナーでも、懇親会会場として活用させていただいています。
参加された皆さんは、リゾットやサラダに舌鼓を打ちながら、交流を深めていました。

コロナ終息次第、再開する予定です!

現在は、政府の外出自粛要請にともない、「30歳からの○○ライター」は休止中ですが、コロナが終息したら、開催する予定です。
「30歳からのB級グルメライター」に関しては、「昼間なら行けるんだけど……」という声をいただいていたので、次回は平日の昼間に開催します。
今回お越しになれなかった方も、次回はぜひご参加ください。

杉山 直隆「30sta!」編集長、ライター

投稿者の過去記事

1975年、東京都生まれ。専修大学法学部在学中に、経済系編集プロダクション・カデナクリエイトでバイトを始め、そのまま1997年に就職。雑誌や書籍、Web、PR誌、社内報などの編集・執筆を、20年ほど手がけた後、2016年5月に、フリーのライター・編集者として独立。2019年2月に(株)オフィス解体新書を設立。プライベートでは二児の父(8歳&5歳)。休日は河川敷(草野球)か体育館(空手)にいます

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。